不用品の回収には許可証が必要

>

不用品回収業者とは

不用品回収に必要な資格

不用品の回収は誰でも行える訳ではありません。
国からの許可が必要で、許可を取っていない業者は違法業者の可能性があります。

不用品の回収に必要な許可証は、一般廃棄物収集運搬業です。
産業廃棄物収集運搬業と間違えられるので注意しましょう。
この資格の有無は回収の依頼をする前に、しっかりと確認してください。
インターネット上の回収業者のホームページなどで確認できますので、本物の許可証かどうか照らし合わせてみましょう。
許可証の確認ができない業者は依頼しないでください。

許可がない回収業者は、不法投棄をしている可能性があります。
直接利用者に関係なさそうに見えますが、不法投棄を助長したとみなされ、利用者も罰せられることがあります。

買い取りに必要な資格

不用品回収業者は買い取りも行なっていることが多く、買い取りが成立した場合は回収料金が浮くだけではなく、お金を受け取ることができます。
しかし、買い取りにも国の許可が必要です。

不用品の買い取りを行うには、古物商の許可が必要です。
古物商の許可は買い取り品が、正規のルートで取り引きされているかどうか監督するためにあります。
中古品は盗品が多く、盗品が出回ってしまいますと犯罪の助長に繋がってしまうからです。
古物商の許可証を持っていない業者に買い取られると、気持ちよくない取り引きの仕方をされますので、トラブルを回避するために確認しましょう。

このように、不用品の回収には必ず国の許可が必要です。
知らなかった、で済まなくなってしまうので必ず許可証の確認をしましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる