不用品の回収には許可証が必要

不用品の回収に必要な資格とは

不用品の回収を依頼する場合は、行政のサービスか業者を利用する必要があります。
特に大型の不用品は指定のゴミ捨て場に置くことが出来ませんので、自分で解体できないのであればサービスを利用しなければなりません。

行政のサービスは料金が安いので積極的に利用したいところですが、融通がきかないところが多いので、しかたなく業者を使う人がほとんどです。
行政のサービスは自分で指定の日時に指定された場所へ、不用品を持っていかなければなりません。
重量があったり大きな不用品は一人で搬出することが難しく、特にお年寄りの場合ですとさらに困難になります。
このことから、行政のサービスの利用を断念する人が多く、こまめに不用品の回収を依頼することができなくなっています。
また、行政のサービスは指定のリサイクル品を回収することができませんので、冷蔵庫や洗濯機などは民間の業者に依頼するしかありません。

不用品の回収業者は行政のサービスとは違い民間のサービスです。
そのため、料金が行政のサービスより高額なのですが、融通がきくことから利用者が多いです。
行政のサービスとの違いはサービスの内容です。
民間の回収業者は搬出も行いますので、利用者が大変な作業をすることがありません。
回収日の融通もききますので引越しや大掃除など、自分に合わせた日時を指定することができます。
まとまった回収を依頼すると割安になる場合がありますので、見積もり後にプランの相談をすることになります。

不用品回収業者とは

不用品の回収には国の許可が必要です。 許可証を取得していない業者は、違法投棄をしている可能性があり、利用者も責任を問われることがあります。 また、不用品の回収業者は買い取りも行なっていることが多いです。 買い取りも許可証が必要ですので、必ず確認しましょう。

不用品回収の専門業者と料金体制

不用品の回収料金に相場はなく各業者でバラバラですが、料金体制が似ているところが多いです。 基本料金はインターネットのHPに掲載していることがありますので、比較してみましょう。 また、専門業者は独自の利益の得かたをしていますので、回収料金が安い場合があります。

回収業者の選び方と注意点

不用品の回収業者の数は多く料金が明確ではないため、選ぶ基準を探すのが困難です。 悪徳、違法業者が多い業種ですので特に慎重に探したいものです。 わかりやすい業者の選び方は見積もりです。 見積もりを数社取り比較することで、信頼のできる業者を見つけることができます。

トップへもどる